Take it easy.

えすあいあー



立ち直れなくて何が悪い

いろいろ考えながら日々過ごしている。

中には答えの無いような悩みレベルの考えもある。
そんなもん悩みようがないだろうと頭ではわかっていても、無限に湧き水のように繰り返し考えが浮かんでしまう。
でも答えが見つかるわけではない。

ああすればよかった
こうすればよかった
なんでこんなことになったんだろう
もしあの時○○をしていたらどうなっていただろう

いろんな後悔があるし、前提を変えていろいろシミュレーションしたところでやっぱりわからない。分かるはずもない。
そんなもん分かるんだったらその時嫁さんが助かるような選択や行動をしていたと思う。
自分は神ではない。でも考えてしまう。


そんないろんなことを考えている中で1つだけ、まだマシなのかもしれない(良かったとは言いたくないので)と思うことがある。


それは、遺されたのが自分だったことだ。

理由はいくつかあった。

理由1_妻の気持ち


理由の1つは、自分の場合妻はこれに耐えられなかったのではないかと思ったからだ。

以前、夫婦間で「どちらかが先に死んだらどうするか」
という話もしたことがある。

「どうするか」という言葉の意図は「生きるか死ぬか」だった。


自分は
「正直どうなるか分からない」
としか言えなかった。
伴侶を亡くした時のショック、自死を選ぶ時の心境・・とにかく具体的なイメージに欠けていた。
かといって明るく生きていけはしないだろうと思っていた。
自分の人生設計の前提にいるのは目の前の妻だったし。

30年後に聞かれていれば少し答えが変わっていたのかもしれない。



だが、妻は
「後を追うと思う」と言った。
違う人と結婚しようと思わないし、人生に未練がないだろうから一人で生きていこうとは恐らく思えないからだと。

その時はそんなこと言ってほしくないとしか思わなかった。



理由2_家族との関係


理由の2つ目は妻の家族だ。

妻の両親は、入院後から妻を自分の所有物としてみなすような言動が目立っていた。
親から見たら、妻は自分の子供だ。可愛いのは当然だし、アドバイス等する気持ちも分かるしどうぞどうぞと思っていた。

ただ、そうじゃなかった。

「携帯電話の中身を友人とのメール含め全部よこせ、親だから見る権利がある」
「もし助かっても娘に後遺症が残ったら私たちが面倒を見る、お前は次の人生を歩め」
(しかもこれをまだどうなるかも分かっていない状態で言った)
「もともと手元に置いて自分の面倒を見るために作った」



等、妻や私の気持ちは無視だ。毒親っぷりが半端なくなった。
妻も1個の人格を持った人間だということを理解して、意思を尊重してほしかったがそれがない。
全部、主語が「自分は」なのだ。


親に携帯の中身見られたい娘なんかいるんだろうか。極めて少数派だと思うんだけど。俺は嫌だわ。
しかも理由が「娘が何を考えていたのかを知りたい」だった。


↓一応検索してみた。
死んでもイヤっ! 女子が「親に見られたくないもの」・6つ(2017年1月2日)|ウーマンエキサイト



そういう故人の想いは無視する人だった。
また、妻が危篤状態になったら保険金の請求書類を渡してくる等、はっきり言って印象は最悪だった。
なんでそんなことを今するんだろうと。


もし私が先に亡くなっていたらどうなっていたか?容易に予想がつく。

妻の気持ちは無視して今私が住んでいる家は早々に引き払わせて、
自分たちの手元に置いて、
「さっさと忘れろ」「いつまでも泣くな」「お前には次の人生がある(早く孫見せろ)」
あたりの言葉を投げかけていたと思う。


そうなると「後を追う」等と言っていた妻は耐えられなかったと思う。


理由3_純粋にきつい

単純に妻に同じ思いをさせたくない。
きついなんてもんじゃない。

おわりに

次の人生を歩んでほしいという他人の願い自体は否定しない。
自分も亡くなっていたらそう思っていたと思う。

ただ、それは当人が自分自身気持ちの整理をつけた上で、自分で決断するものだと思っている。
誰かに言われてやるものでもないし、正直その言葉自体プレッシャーや怒りにしかならない。
自分も言われたが、「うるせぇ黙れ」としか思えなかったし。


周りに「立ち直るのを見守る」というスタンスの人間がおらず、「自分の気持ちばかり押し付ける」人間しかいなかった場合、
死別経験者は自分の気持ちを整理することができなくなる。


自分は親や友人に恵まれていた。
話を否定せずに聞いてくれる人がいて、その上で励ましの言葉をかけてくれた。自分の思いを尊重してくれた。
だからまだなんとか生きていて、そのことに気付かせてくれたこと含め、助けてくれた周りの人間に対して感謝しないといけないと思った。
自分もそういう人間になりたいと思った。


そうされるといつまでも落ち込んでいてはいけないとも思うんだけどね。
でもやっぱりまだ無理。これからどうするかなんて分からないし。
前向きにとか言われてもまだ涙出るし。何もしたくない時だってあるし。
別に死んでもいいやと思うことだってある。


だから今は嫁さんの供養をしながら、淡々と時間をかけていくことしかできないんだと思っている。
いきなり立ち上がれるわけないだろ。