Take it easy.

えすあいあー



【初心者向け】買ってはいけない株の見分け方

ちょっと前から株を買ってる。

配当金生活できればいいなぁとか思うけど、普通に売ったりもするし優待ももらうし、ぼちぼちやってそこそこの月日が経った。
はじめてからトータルでまだ+なのは相場のおかげだったのかもしれない。

で、株価やら会社情報やら見てると、

これ買ったらアカンやつや

ってのが直感的に分かるようになった。

見分け方というか、あくまでも自分の考えでしかないけど書いてみようと思う。
PBRがどうとかPERがどうとかそういう話は専門家にお任せします。
別に自分はプロでも金融工学学んだわけでもない一介のリーマンですはい。

ちなみに長期保有する場合の見分け方。
デイトレードとか短期売買の場合は全然分からないですハイ。

株の目的

で、あえて株の目的から考えてみる。
これは至極単純なことでしかない。

もっと儲けたい

これだけ。
わざわざ損するために株買う人間もおらんやろと思ってる。
いや全然いてくれていいと思うけど理解に苦しむしそういう人は寄付でもすればいい。

もっと儲けたい人が買うべき株は儲かる株。

じゃあ買うべきではない株は儲からない株である。

まぁそんなの100%見分けることは不可能。
かといって儲かるか損するか50%ずつってわけでもないし、
本当にこれはやめといたほうがいいだろうという株は実際存在する。

じゃあ儲からない株って何だよというのを書いてみようと思う。

赤字続き

赤字の会社はやばい。
たまたま1回赤字出ちゃったくらいならまだ額次第でなんとかなるけど、
例えば2~3年続いている会社はやばい。買わないほうがいい。

少なくとも配当を期待する銘柄ではない。
何かしらの成長要素があれば一考して買ってもよいけど、だったらそれいつ赤字脱出するんだって話。
それは誰にも確かなことは言えないし、ましてや初心者がそれを確信して買うようなものでもない。

少なからずとも負け方向の勝負になってしまう。

配当性向が100%超え

これもやばい。要は出た利益の全部以上を配当金として出しているということ。
赤字が続いていたり借金が増え続けていたらなおさらやばい。

例えば自分が何かしらの会社の社長だったとして、会社の利益が1億円出たらその1億円全部株主に還元するか?
しないだろう。せめてそこ半分くらいまでにしとけよとか思う。

もらう側からしたらラッキー!とか一瞬思うかもしれないけど、長期的な視点から見るとこういう株は得しない。
そこまでして株主に還元するということは、株主をつなぎとめておきたいから ≒ 株主が離れ始めている
だと思ってる。

まぁあまりにも金余り過ぎて奇策としていっちょ還元しますわ!って会社も過去あったみたいだけど、
いずれにせよ高配当とかそういう部分だけに惹かれて株探してると、無茶苦茶な配当計画掲げてる会社にぶち当たりやすくなるよって話。

借金(有利子負債)が利益余剰金より多い

まぁ財務やばい会社はやめとけって話。
有利子負債は大抵どこの会社にもあるもんだけど、稀に資本金や利益余剰金を大きく超えるような桁の負債が存在してる会社もある。

それどうやって返すんですかね。。ってのが素人目に見ても分からない。

利益余剰金+資本金>有利子負債

なら普通になんとかなりそうだと思うけど。
まぁいきなり一括返済とかなるわけでもないが、明らかにこれ桁違くない?って思ったらやばい。
赤字続いてたり配当性向100%超えてたりすると多分それはまもなく会社がなくなるんだろうとか思ってる。

配当金が下がり続けてる

配当金は利益から出すというのがまともな会社であり大抵こうしてると思うんだけど、
大多数のまともな会社が存在する(と思ってる)株式市場で、配当金が下がり続けてるってのは利益も下がり続けているとか、
何かしらの配当金を下げる要素があるのか、いずれにせよプラスの要素があまり出てこないから初心者は手を出さないほうが無難。


おわりに


株買う時の指標とか見るべき数字ってかなりたくさんあるらしいけど、たくさんある分判断も複雑になるので、
だったらせめてこのくらいは見ておこうねって意味で挙げてみました。

逆に買うべき株は逆の株を買えばいいんじゃない。

  • 黒字続き(増収増益続きだとなおよし)
  • 配当性向が妥当(30~50%とか)
  • 有利子負債がない
  • 増配中

ああ確かに株価次第でこんな株あればいいなとか思えてきたぞ。